病院の紹介

多治見市長あいさつ

多治見市民病院は、昭和22年に前身となる多治見市診療所が開設されて以来、
昭和49年に現在の地に移転し、平成22年4月から社会医療法人厚生会が運営を担っています。
そして、平成24年8月に新・多治見市民病院が竣工され、
多治見市の医療行政の新たな歴史がスタートしました。

多治見市民病院では、市民の皆さまの多様なニーズに応えるべく、
医師の確保や診療科目の拡大など、来院される方々の立場、目線に立った
医療サービスの拡充を実践してまいりました。
最新の医療機器を備えた多治見市民病院は、救急医療や災害時医療など
さまざまな医療分野の発展に貢献するとともに、市民満足度の向上を目指して、
地域医療の中核を担ってまいります。

ひきつづき、社会医療法人厚生会と多治見市との協力により、
市民の皆さまの命と健康を守る医療体制を築いてまいります。
皆さまのご支援、ご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。