診療科・部門の紹介

泌尿器科

  • 医師紹介
  • 診療内容

非常勤
愛知医科大学 教授

住友 誠

MAKOTO SUMITOMO

出身大学

慶應義塾大学医学部 卒業

資格など
  • 日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医/指導医
  • 日本がん治療認定医 機構がん治療認定医
  • 日本臨床腫瘍学会暫定指導医
  • 日本泌尿器科学会・内視鏡外科学会
    腹腔鏡技術認定医
  • 泌尿器ロボット支援手術プロクター

木沢記念病院
副院長
非常勤

石原 哲

SATOSHI ISHIHARA

出身大学

岐阜大学医学部 卒業

資格など
  • 医学博士
  • 日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医/指導医
  • 日本化学療法学会 抗菌薬臨床試験指導者
  • 日本腎臓学会 腎臓専門医/指導医
  • 日本透析医学会 透析認定医/指導医
  • 日本がん治療認定医機構 暫定登録医
  • ICD(インフェクションコントロールドクター)
  • 日本内視鏡外科学会承認 Certificate of da Vinci
    ® Surgical System Off-Site Training Program

非常勤

金尾 健人

KENTO KANAO

出身大学

慶應義塾大学医学部 卒業

資格など
  • 日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医/指導医
  • 日本がん治療認定医機構がん治療認定医
  • 日本泌尿器内視鏡学会 腹腔鏡技術認定医
  • 日本内視鏡外科学会 泌尿器腹腔鏡技術認定医
  • 泌尿器ロボット支援手術プロクター

非常勤

森永 慎吾

SHINGO MORINAGA

出身大学

愛知医科大学医学部 卒業

診断から治療まで超高齢化社会の
医療を支える泌尿器科

当科では最新の低侵襲治療機器を有する愛知医科大学病院と病診連携システムをとっており、下記のような超高齢化社会を見据えた取り組みを行っています。

  1. 超低侵襲ロボット手術
    ロボット支援手術は、従来の腹腔鏡手術よりも複雑で繊細な操作が可能で、三次元画像で視認することができ、より安全かつ高度な手術が可能となります。前立腺がんや腎がん患者さん最新機種のda Vinci Xiを用いて治療がスムーズに行えるように連携しています。
  2. 高齢者における排尿障害診療
    超高齢化社会に伴い、男性の排尿疾患である前立腺肥大症も増加しています。当院では、従来法より出血が少なく、安全性にも優れ入院期間も短い「光選択的前立腺レーザー蒸散術(PVP)」が受けられるような連携システムをとっています。また、女性に多い頻尿や尿意切迫感を伴う過活動膀胱に対しても安心して治療を受けて頂けるように配慮をしています。
  3. 進行泌尿器科癌に対する新規薬物療法
    進行泌尿器科癌に対する各種治療についても泌尿器科医が窓口となり、副作用管理に特に留意して患者さんの治療にあたっています。

対応疾患

泌尿器科悪性腫瘍、排尿障害疾患(排尿困難、頻尿、尿失禁)、尿路結石症、男性不妊、尿路感染症など