診療科・部門の紹介

形成外科

  • 医師紹介
  • 診療内容

中田 実樹

MITSUKI NAKATA

出身大学

愛知医科大学医学部 卒業

資格など
  • 日本形成外科学会 形成外科専門医
  • 緩和ケア研修会修了
  • 臨床研修指導医

非常勤

坪井 賢司

KENJI TSUBOI

出身大学

山梨大学医学部 卒業

資格など
  • アメリカ熱傷学会認定ABLSプロバイダー

形成外科とは、創傷治癒学(傷の治りに関する学問)を基盤とし、先天奇形・外傷・腫瘍・加齢などにより生じた欠損や変形・醜形と、機能的な障害を、あらゆる手法や特殊な技術を駆使し改善することで、生活の質(QOL)を高めることを目的とした科です。
主な対象疾患は、切り傷 擦り傷 あざ やけど 肥厚性瘢痕 ケロイド 傷跡 皮膚・皮下腫瘍 顔面骨骨折 顔面打撲 体表面の先天異常 眼瞼下垂 巻き爪 陥入爪 わきが 陥没乳頭 顔面神経麻痺 乳房再建です。
また、当院では美肌治療にも力を入れて取り組んでいます。手術などで別人のように若返らなくても、肌が美しくなるだけでその方の見た目年齢はぐんと若返り、気持ちも明るくなるはずです。 当院では、病院だからこそ取り扱える最新の医療機器からメディカルエステまで、オーダーメイドの幅広い治療の選択が可能です。

»美容形成の費用(保険外費用)はこちら

対応疾患

皮膚腫瘍、皮膚潰瘍、あざ、外傷、熱傷、瘢痕、瘢痕拘縮、ケロイド、陥入爪、乳房再建、美容外科

診療内容

専門分野 形成外科一般、皮膚外科、あざ、熱傷
先端医療 Gentle Max Pro、ALEXレーザー、Vビーム、Co2レーザー
紹介希望疾患 レーザー治療適応疾患(色素性母斑、苺状血管腫、太田母斑、蒙古斑、ホクロまで)、皮膚腫瘍手術適応疾患全般