診療科・部門の紹介

消化器内科

  • 医師紹介
  • 診療内容
  • 実績

部長代行

伊藤 義紹

YOSHITSUGI ITO

出身大学

愛知医科大学医学部 卒業

資格など
  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本消化器病学会 消化器病専門医
  • 日本消化器内視鏡学会 内視鏡専門医
  • 臨床研修指導医

田邉 敦資

ATSUSHI TANABE

出身大学

愛媛大学医学部 卒業

資格など
  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本消化器病学会 消化器病専門医
  • 日本ヘリコバクター学会 ピロリ菌感染症認定医

安全で苦痛のない内視鏡検査

消化器病全般(食道、胃、十二指腸、小腸、大腸、肝臓疾患、膵胆道疾患)を担当しています。消化器領域では、上部・下部消化管内視鏡を中心に診断・治療を行っています。必要に応じNBI・拡大内視鏡を用いた内視鏡観察を行い、早期癌を見つけられるよう取り組んでおります。早期癌に対して内視鏡的治療(内視鏡的粘膜下層剥離術・粘膜切除術)を積極的に行っております。消化管の狭窄に対する内視鏡的バルーン拡張術・ステント挿入も行っています。消化管出血例に対しては緊急内視鏡検査を行い、内視鏡的止血術(クリップ法、局注法)も行っております。このほかヘリコバクタ-・ピロリ感染症に対する除菌療法や炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)に対する白血球除去療法や生物学的製剤を用いた最新の治療の治療に取り組んでいます。膵胆道疾患では総胆管結石・胆嚢炎に対する内視鏡的採石術・経皮経肝胆嚢ドレナージや閉塞性黄疸に対して内視鏡的胆管ステント挿入や経皮経肝胆管ドレナージも行っております。

対応疾患

消化器疾患全般

診療内容

専門分野 消化管
先端医療 早期胃癌、早期大腸癌に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)
紹介希望疾患 胃癌、大腸癌

平成28年度実績

上部内視鏡検査 2125件
下部内視鏡検査 794件
小腸内視鏡検査 2件
逆行性胆管膵管造影 51件
上部消化管ポリープ切除術 1件
下部消化管ポリープ切除術 228件
上部消化管止血術 28件
下部消化管止血術 15件
上部消化管粘膜下層剥離術 13件
下部消化管粘膜下層剥離術 6件
消化管ステント留置術 9件
乳頭切開術(EST) 26件
胆道拡張術
(EPBD、EPLBD)
6件
胆道ステント留置術
(ERBD)
30件
経鼻胆管ドレナージ術
(ENBD)
3件
胆道結石除去術 30件
胃瘻造設術 25件
胃婁交換術 36件