診療科・部門の紹介

外科

  • 医師紹介
  • 診療内容
  • 特色
  • 実績

副院長
部長

加藤 浩樹

HIROKI KATO

出身大学

岐阜大学医学部 卒業

資格など
  • 日本外科学会 認定医/専門医/指導医
  • 日本消化器外科学会 消化器外科認定医/専門医/指導医
  • 日本消化器外科学会 消化器がん外科治療認定医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医/暫定教育医
  • ICD(インフェクションコントロールドクター)
  • 検診マンモグラフィ 読影医
  • 日本臨床外科学会 評議員
  • 東海外科学会 評議員
  • 臨床研修指導医

医長

関戸 伸明

NOBUAKI SEKIDO

出身大学

金沢大学医学部 卒業

資格など
  • 日本外科学会 認定医
  • 検診マンモグラフィ 読影医
  • 日本医師会 認定産業医

多和田 翔

KAKERU TAWADA

出身大学

岐阜大学医学部 卒業

資格など
  • 日本外科学会 外科専門医

横井 亮磨

RYOMA YOKOI

出身大学

岐阜大学医学部 卒業

消化器外科を中心に安全で質の高い
外科治療、最新の外科治療を提供する

当科はがんを中心とした消化器、呼吸器、急性腹症などの救急疾患、外傷などに対して幅広く外科診療を行っております。また、手術治療だけなくがん化学療法(抗がん剤治療)、緩和医療にも積極的に取り組んでおります。我が国は超高齢化社会に突入し、がん罹患者は増加の一途をたどり、がんの予防・治療は国民的な課題となっています。当科ではがん専門病院と同等のクオリティーの手術、安全性の高い手術を提供することをモットーとして日々診療を行っております。さらに有効性が期待される新しい治療法導入にも積極的に取り組んでおり、外科系分野において低侵襲治療の代表である腹腔鏡手術(胃切除、大腸切除など)もいち早く導入し、最近では全身麻酔下の腹部手術の約75%を腹腔鏡下に行っております。進行したがんに対してはガイドラインに準じた標準的な化学療法を行い、緩和治療については早期より積極的に鎮痛処置や症状の軽減を図り、患者さん個々にとって最も望ましい治療を提供できるように考えて診療に当たっています。

対応疾患

食道がん、食道裂孔ヘルニア、胃がん・胃腫瘍、小腸がん・小腸腫瘍、大腸がん・大腸腫瘍、潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸憩室出血、大腸憩室炎、腸管虚血、肝がん、転移性肝腫瘍、胆嚢がん、胆嚢腫瘍、胆嚢炎、胆石症、胆道がん、総胆管結石、膵がん、膵のう胞、虫垂炎、鼠径ヘルニア、腹壁ヘルニア、痔疾患、腸閉塞、肺がん・肺腫瘍、気胸、血胸、膿胸、縦隔腫瘍、外傷(切創、挫創)、蜂窩織炎、皮膚・皮下腫瘍

診療内容

専門分野 各種がんの手術治療およびがん化学療法(消化器がん一般、肺がん)、急性腹症の診断と治療、外傷の治療
紹介希望疾患 消化器がん、肺がん、胆石症、虫垂炎、鼠径ヘルニアなど

鏡視下手術(腹腔鏡手術・
胸腔鏡手術)に力を入れています

当科で行っている腹腔鏡手術

  1. 幽門側胃切除術
  2. 胃部分切除術
  3. 結腸悪性腫瘍手術
  4. 直腸切除術
  5. 直腸切断術
  6. 小腸切除術
  7. 腸閉塞症手術
  8. 胆嚢摘出術
  9. 総胆管切石術
  10. 虫垂切除術
  11. 鼠径ヘルニア手術

当科で行っている胸腔鏡手術

  1. 肺部分切除術
  2. 肺嚢胞切除術
  3. 縦隔腫瘍切除術
  4. 膿胸搔破術

ガイドラインに則った
がん化学療法を施行しています

専用の快適な外来化学療法室において専任のスタッフにより化学療法を行います。

当科で行っている化学療法の対象疾患

食道がん 胃がん 大腸がん 肝がん 胆嚢・胆道がん 膵がん 
肺がん

緩和治療に積極的に
取り組んでいます

がん治療においては、現代医学をもってしても残念ながら完治できないことも多くあります。がんが進行し不安感、倦怠感、食欲不振、疼痛などの苦痛を感じる方も多くいらっしゃいます。我々は、患者さんに寄り添い、よくお話しを聞かせて頂き、苦痛を理解、共有するよう努力致します。そのうえで患者さんお一人お一人に望ましいと考えられる投薬、治療、苦痛を軽減する緩和治療を早い段階からご提供するように心がけて診療に当たっています。

平成28年度実績

胃がん根治術 6例
結腸がん根治術 16(12)例
直腸がん根治術 10(8)例
肝切除術 2例
肺がん根治術 1例
肺切除術(その他) 5(5)例
乳がん根治術 6例
胆嚢摘出術 25(25)例
虫垂切除術 14(9)例
鼠径ヘルニア手術 19(13)例
腸閉塞手術 4(2)例
中心静脈リザーバー留置術 9例
その他 53例

( )内は鏡視下手術数