職場の様子

4階
南病棟

回復期リハビリテーション病棟

4階南病棟では、リハビリを中心としたチームの各担当スタッフが、病棟への転入後より寝たきりにならないよう、起きる、食べる、歩く、トイレに行く、お風呂に入るなどの日常生活動作に対し積極的に働きかけていくことで改善を図り、家庭や社会への復帰を支援しています。
バランスボールエクササイズや、身体バランス機能低下による転倒防止を行うなど、皆様の回復のお手伝いをしています。

5階
北病棟

急性期混合病棟

5階北病棟は、整形外科、脳神経外科、耳鼻咽喉科等の急性期混合病棟です。
病棟は44床で、看護体制は2チーム継続受け持ち看護を行っています。
突然の病気やけがにより自分では体を動かせない方が多いため、
安心して入院生活が送れるよう看護しています。
また、急性期からNICDに取り組み、早期離床を目指すことで、
その人が持つ力を最大限に発揮できるよう支援しています。

5階
南病棟

消化器内科・外科、婦人科病棟

5階南病棟は、消化器内科・外科、婦人科病棟です。
がん患者が多く、手術、内視鏡的処置、化学療法が主な治療です。消化器疾患は、食欲不振や腹痛等を引き起こし、患者さんに不安や苦痛を与えます。私達は、患者さんの症状緩和に努め、患者さんの「食べること」を支えられる様な関わりを大切にしています。そして、「入院して良かった」と感じていただけるような病棟作りを目指しています。

6階
北病棟

腎臓内科・小児科病棟

6階北病棟では透析患者さんや糖尿病患者さんに対し、
退院後も再発予防ができるよう個別的な情報提供サポートを行っています。
スタッフ個々でもより深い専門的知識を習得する為日々勉強に励んでおり、
より良い看護が提供できるよう病棟全体でサポートしています。
スタッフは新人看護師、中途採用の方、子育てをしながら働いている方も多く、
互いに協力しながら和気あいあいとしていてとても働きやすい職場です。

6階
南病棟

循環器内科病棟

6階南病棟は心筋梗塞や心不全などの治療や心臓カテーテル検査を受けられる方が入院される循環器内科病棟です。
平成29年より心臓リハビリテーションを開始し、入院時から社会や職場復帰、心臓病の再発予防を目的とした運動療法、
生活指導などを医師、理学療法士、薬剤師、栄養士と連携し行っています。医師を交えたカンファレンスなどを開催し専門性の高い看護、患者と家族に寄り添った看護の提供ができるよう心がけています。

救急
外来

救急外来

救急外来では、患者さんの訴えや症状から的確にトリアージを行い
起こりうる問題点を予測して行動するようにしています。
不安や恐怖心のある患者さんや家族が少しでも安心して検査・治療に臨めるよう、
笑顔をモットーに患者さんに寄り添う看護を心掛けています。
放射線科での検査介助(心カテなど)では、医師・看護師間だけでなく他部門とのスムーズな連携が、
患者さんへの良い看護へと繋がるため、チームワークとコミュニケーションを大切にしています。

外 来

ストーマ外来・在宅の訪問指導

ストーマ外来では、疾患により余儀なく人工肛門や人工膀胱などストーマを造設された方が、
ストーマのケアや装具の相談、日常生活の相談などをお受けしています。
患者様に安心して、その人らしくストーマライフを送ることができるケアや情報の提供を行っています。
ストーマの造設を予定している方への術前の相談から手術直後、退院後の長期的な関わりも行っています。
また人に言えずに悩んでいる尿漏れや便漏れなど排泄に関する相談もお受けします。
お困りのことがありましたらお気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
病院へ来院できない方にも自宅に訪問看護師と共に訪問させていいただき、
褥瘡のケアやストーマケアの相談をさせていただいています。

ページトップへ戻る