看護部について

温かく、思いやりのある心のこもった質の高い看護の提供を目指しています。

スタッフと共に作り上げた
多治見市民病院の看護体制

社会医療法人厚生会多治見市民病院の理念である
「病める人にやさしい医療 病める人の立場に立った医療、
地域から求められる新しい医療サービスの提供」のもと、
看護部は
「温かく、思いやりのある、心のこもった質の高い看護の提供」を目指しています。

平成22年4月に社会医療法人厚生会の指定管理に移行し、
これ以降に入職した看護職員は
現在80%以上を占めています。
当時は一人ひとりの看護師は、基礎看護教育、
経験した施設も全く違う者であり、
当院の看護手順を遵守することが
指導者すらできない状況でした。
その後3年をかけ、
看護手順に沿った研修や技術チェックを繰り返し、
技術レベルの平均化も図ってきました。
今では、「院内褥瘡発生0を目指しての取り組み」や
「食べられる口づくり」、
「誰でもできる急変時対応」が
浸透しています。

看護部について看護部について

平成28年からは生活行動回復看護(NICD)にも
取り組んでいます。
各部署で事例を持ちより検討会や発表会を行い、
NICDの技術を磨いています。
また、新人教育、中途採用者の教育も整備しており、
新人看護職員の離職率は0で、
中途入職者も多い状況となりました。
今後も、温かく、思いやりのある、
心のこもった質の高い看護を目指して前進していきます。

看護部長[認定看護管理者]渡邉 よし子

ページトップへ戻る