診療科のご案内

ホーム:診療科のご案内>人工関節センターのご案内:医師紹介(ごあいさつ)

人工関節センター



医師紹介  医療費について


  • 股関節・膝関節の手術について
  • 人工関節の問題点・合併症など
  • 麻酔および輸血について
  • 手術前後のリハビリテーションについて
  • 施設内ボーンバンクおよび日本人工関節登録制度について
  • 股関節・膝関節専門外来について

ごあいさつ
 高齢化社会にともない、変形性関節症や関節リウマチなど、関節の痛みを引き起こす疾患でお悩みの患者さんはたくさんいらっしゃると思います。比較的軽症の患者さんは消炎鎮痛剤や関節注射、筋力トレーニングなどの保存的治療で症状の緩和が得られますが、関節破壊の高度な患者さんに対しては、痛みをなくし関節の機能を取り戻すために人工関節置換術が広くおこなわれています。現在の人工関節手術は長期成績も向上し20年以上の耐久性が期待されており、麻酔の進歩ともあいまってわが国でも手術件数は年々増加傾向にあります。 このたび多治見市民病院では、人工股関節や人工膝関節手術およびそのリハビリテーションや看護に関して最新の知識や技術をいち早く取り入れ、患者さんにより良い医療を提供することを目的に、人工関節センターを開設いたしました。
担当医師紹介

センター長 田中 歩

経 歴

・筑波大学(平成4年卒)
・筑波大学付属病院
・筑波学園病院
・日立製作所総合病院
・国立霞ヶ浦病院
・北茨城市立総合病院 整形外科科長
・東海記念病院 整形外科部長・人工関節センター長

専門医等の資格

・日本整形外科学会 専門医
・日本整形外科学会 リウマチ医


所属学会


・日本整形外科学会
・中部日本整形災害外科学会
・日本股関節学会
・日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会
・日本人工関節学会




森島 達観

経 歴

・愛知医科大学(平成12年卒)
・愛知医科大学 整形外科 講師

専門医等の資格

・日本整形外科学会 専門医