平成27年度 多治見市民病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 591 113 45 118 149 180 352 467 523 201
60歳以上の患者様の比率が大変高く、全体の約56%を占めています。多治見市の60歳以上の人口比率は26.8%となり、地域の高齢化と退院患者の年齢層の高さが比例しています。
また、10歳未満の患者様も多いのが現状です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 手術・処置等2なし 86 16.5 14.3 5.8% 73.3
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術・処置等2なし 副傷病なし 57 42.5 21.7 19.3% 85.9
050050xx0200xx 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2なし 43 9.3 4.9 2.3% 68.5
当院の患者様の年齢層は60歳以上が多く、高齢者が罹りやすい疾患が上位となっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x1xxx0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳未満) 手術・処置等2なし 188 4.8 5.7 0.0% 3.9
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 91 4.4 5.5 0.0% 4.1
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 78 4.9 5.5 0.0% 2.5
最も多いものは、呼吸器系の疾患となっています。また、小児科の特徴として季節性の疾患が多く、比較的入院期間は短くなっています。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x003xx0x 鼠径ヘルニア(15歳以上) 副傷病なし 16 6.6 5.0 0.0% 62.7
060150xx03xx0x 虫垂炎 副傷病なし 10 6.1 5.6 0.0% 33.7
060020xx99x30x 胃の悪性腫瘍 手術・処置等2-3あり 副傷病なし - 4.9 6.7 0.0% 72.0
鼠径ヘルニアが上位を占めており、他疾患では虫垂炎・手術対応の胃がんが多く、この結果から「がん」に対する検査から治療までが一貫して行われていることが分かります。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 副傷病なし 68 42.3 21.5 1.5% 82.0
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 66 41.5 28.7 1.5% 84.5
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 43 9.3 12.0 0.0% 48.9
人工関節の専門医の赴任により、膝・肘関節の外傷が増加しています。
また、手術後は回復期リハビリテーション病棟にて、リハビリテーションを行っています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x099030x 脳梗塞(JCS10未満) 手術・処置等1なし 手術・処置等2-3あり 副傷病なし 14 23.6 18.1 7.1% 68.7
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 9.0 10.1 0.0% 65.7
010060x099000x 脳梗塞(JCS10未満) 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 17.1 15.8 0.0% 80.7

皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 - 15.8 9.0 0.0% 77.8
080011xx99xxxx 急性膿皮症 - 9.3 12.0 0.0% 61.0
080050xxxxxxxx 湿疹、皮膚炎群 - 8.0 11.1 0.0% 25.5

泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110080xx991xxx 前立腺の悪性腫瘍 手術・処置等1あり 41 2.0 2.7 0.0% 65.8
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 27 9.6 8.0 0.0% 74.3
110310xx99xxxx 腎臓または尿路の感染症 14 15.7 12.6 7.1% 78.6

婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 24 8.7 5.0 0.0% 72.3
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 19 5.6 6.3 0.0% 44.0
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 17 2.6 5.3 0.0% 55.5
高齢者の生殖器脱の患者様が多く、次いで子宮筋腫となっています。かかりつけ医より紹介され、受診後に入院治療という患者様が多くなっています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 13 5.5 5.5 0.0% 31.8
030270xxxxxxxx 上気道炎 11 6.4 4.8 0.0% 30.3
030428xxxxxxxx 突発性難聴 10 13.6 9.6 0.0% 57.5
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 - - - 14 5 - 1 第6版
大腸癌 1 6 3 3 9 4 1 第6版
乳癌 1 5 1 1 3 3 1 第6版
肺癌 - - - 1 6 - 1 第6版
肝癌 - - - - - 1 1 第6版
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
大腸がんが最も多く、次いで胃がん・乳がんとなっています。
当院では、診断から手術、抗がん剤での治療など一貫した治療体制もとっています。
また、入院だけでなく外来での化学療法治療も行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 20 7.6 51.9
重症度 1 37 17.0 82.4
重症度 2 22 26.1 84.5
重症度 3 5 43.0 85.6
重症度 4 - - -
重症度 5 - - -
不明 3 21.7 87.3
重症度が上がるほど在院日数が長くなっています。また、同様に年齢層も上がる傾向にあります。
当院では、重症度1・2が全体の68%を占めています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 6 8.3 69.2 0.0%
その他 1 5.0 90.0 0.0%
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 - - - -
その他 - - - -
I63$ 脳梗塞 3日以内 27 25.4 77.7 10.0%
その他 5 21.4 73.0 0.0%
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 3 47.0 74.0 0.0%
その他 9 18.4 76.3 10.0%
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 1 79.0 85.0 0.0%
その他 3 2.3 52.0 0.0%
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 1 3.0 68.0 0.0%
その他 - - - -
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 - - - -
その他 - - - -
脳梗塞患者の48%が発症から3日以内に受診されています。
脳梗塞等の疾患は、早期治療と早期リハビリテーションが回復への近道となっています。当院でも早期の対応に力を入れています。また、患者様の希望により、かかりつけ医などへの紹介も行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 38 1.9 2.6 2.6% 68.6
K7211 内視鏡的結腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 24 0.5 1.7 0.0% 66.0
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 11 37.6 54.0 9.1% 83.3
循環器を専門とする医師の赴任により、経皮的冠動脈ステント留置術が増加しています。次いで、大腸ポリープ切除術が多くなっており、大腸がんの早期発見、早期治療につながっています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K300 鼓膜切開術 - 0.5 3.0 0.0% 1.0
K6335 鼠径ヘルニア手術 - 1.0 1.0 0.0% 4.0

外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術 18 2.3 3.4 0.0% 63.3
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 12 5.1 3.8 0.0% 55.9
K6335 鼠径ヘルニア手術 10 1.9 4.1 0.0% 66.0
鼠径ヘルニア手術が最も多くなっています。当手術は、成人だけでなく小児科でも行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(股・膝) 69 2.35 24.6 0.0% 71.5
K0461 骨折観血的手術(上腕・大腿) 55 3.9 35.6 1.8% 84.4
K068-2 関節鏡下半月板切除術 24 1.0 4.3 0.0% 57.7
人工関節センター開設に伴い、大腿骨骨折に対する手術や、人工関節置換術が多く行われています。
また、退院後の自立を考慮しリハビリテーションにも力を入れています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K1781 脳血管内手術(1箇所) 11 1.4 17.6 9.1 68.5
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) - 2.3 12.4 14.3 67.5
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 - 0.6 23.4 14.3 79.7

泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036ロ 膀胱悪性手術(経尿道的手術)(その他) 25 1.1 7.5 0.0% 74.6
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 - 4.7 16.6 0.0% 83.3
K8412 経尿道的前立腺手術(その他) - 1.0 6.6 0.0% 67.7

婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K802-21 膀胱脱手術(メッシュ使用) 20 1.0 7.3 0.0% 70.6
K877 子宮全摘術 13 1.2 5.5 0.0% 50.8
K872-2 子宮鏡下有茎粘膜下筋腫切除術 13 0.0 0.2 0.0% 51.2

眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他) 72 0.0 2.0 0.0% 74.0

耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術3型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) - 0.0 5.4 0.0% 67.0
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) - 2.0 5.0 0.0% 23.0
K352 上顎洞根治手術 - 0.0 7.0 0.0% 38.0
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 2 0.1%
180010 敗血症 同一 10 0.4%
異なる 10 0.4%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 8 0.3%
異なる 2 0.1%
敗血症や播種性血管内凝固症候群に罹った状態での入院は1%を割っています。また、入院中の発症も同様に1%を割っています。入院後の重症化を抑えている状況です。
更新履歴
2016.09.26
機能評価係数2の保険診療指数における平成27年度病院情報を公開しました。