平成28年度 多治見市民病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 511 107 68 90 165 200 415 516 530 231
一般病棟を退院された患者さんの年齢を、10歳刻みに集計したものです。
全体の45%は70歳以上の患者さんです。また、10歳未満の小児科の患者さんが20%弱を占めています。当院は、小児から高齢者まで幅広い年齢層に治療を行っています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 77 29.60 21.25 87.60
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 副傷病なし 49 12.71 12.43 74.29
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2-なし 44 11.89 5.50 58.43
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1-なし、1,2あり 手術・処置等2-なし 副傷病なし 44 4.86 4.71 68.68
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 40 19.93 17.95 86.55
高齢者の患者さんの入院が多いことから、誤嚥性肺炎や尿路感染症の頻度が高いことがわかります。さらに、60歳代のウィルス性腸炎などもあります。また、狭心症などの虚血性心疾患の頻度も多く、心臓カテーテル検査や必要に応じてステント留置術などもおこなっています。
小児科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 173 5.18 5.79 5.60
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2-なし 131 4.25 5.50 3.98
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 副傷病なし 61 4.90 6.02 2.52
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2-なし 副傷病なし 43 5.07 6.42 2.74
030270xxxxxxxx 上気道炎 24 4.33 4.83 3.04
肺炎・気管支炎や腸炎などの急性期疾患の頻度が多いことがわかります。平均在院日数は、全国平均より1日程度短いものが多く、早期入院治療により重症化を防いでいる可能性があります。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 11 6.45 6.82 63.91
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 11 5.73 7.01 59.18
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 4.83 5.60 42.00
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 5.83 9.14 67.00
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 18.60 15.92 78.20
胆嚢胆管疾患の疾患が多く、年齢も平均して60歳代の患者さんが多いことがわかります。内科受診にて疾患を発見し、手術が必要な患者さんは外科に転科して手術を行うという連携もとれています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 44 23.73 26.26 72.73
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 43 12.63 11.91 44.74
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 42 42.55 27.03 81.57
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 39 35.82 20.57 78.56
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 37 24.81 24.42 67.43
人工関節センターの開設により、膝関節症や股関節症の患者さんが多いことがわかります。また、膝関節・スポーツ整形外来も開設され、それに伴い、膝の外傷の患者さんも増加しています。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2-なし 副傷病なし 10 10.80 11.83 78.60
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア その他の手術あり 15.17 17.07 59.33
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2-なし 副傷病なし 9.50 19.35 61.50
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 12.00 16.54 63.00
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 副傷病なし 15.40 16.73 87.20
慢性硬膜下血腫の患者さんが多いことがわかります、続いて椎間板ヘルニア等の疾患が多くなっています。
当院は、脳血管疾患リハビリテーションも充実しており、脳梗塞の患者さんの受け入れも多く行っています。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 8.00 8.96 74.50
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 7.33 11.97 37.67
080050xxxxxxxx 湿疹、皮膚炎群 6.33 10.70 21.33
内科での疾患がもとになり、帯状疱疹が発症することがあり、特に高齢者の患者さんに多くみられます。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-4あり 副傷病なし 19 3.00 5.12 49.74
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 16 7.69 9.44 73.19
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 14 5.36 6.42 49.64
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 6.44 6.29 43.89
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 7.63 10.05 46.25
子宮頸がんや子宮体がんの患者さんが多くみられます。
検診後に受診され、入院される患者さんが増加しています。また、高齢者に多い生殖器脱出の患者さんも増加しています。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 5.78 5.50 34.56
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 5.60 5.24 58.60
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 5.00 7.47 52.40
医師の勤務体制の変更により、患者さんの数が減少しましたが、現在は常勤医が勤務し患者さんの数も増加しています。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 1 7
大腸癌 13 10 1 7
乳癌 1 7
肺癌 1 7
肝癌 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
大腸がんが最も多くなっています。また、がんのStageは初発でⅢの患者さんが非常に多い状態です。
当院は、がんに対して検査や手術、化学療法まで一貫した治療を行っています。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 39 7.92 48.54
中等症 76 17.66 81.88
重症 17 22.35 84.94
超重症 28.38 72.25
不明
当院では、中等症が約60%を占め、その平均在院日数は17.66日になっています。重症度が高くなるにつれ、入院期間も長くなっています。。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 63.00
その他 11.00 71.00
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内
その他
I63$ 脳梗塞 3日以内 37 23.86 77.00
その他 37.50 78.25
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他 10.00 68.33
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内
その他 62.00
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内
その他
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内
その他
脳梗塞の発症後3日以内に受診し、入院された患者さんが多く、早期の治療に繋がっています。
脳梗塞は、早期治療により発症前に近い状態に戻れる確率が高いため、当院は早期リハビリテーションを行っています。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 211 0.00 1.00 65.34
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 46 2.61 3.21 70.11
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) 23 41.22 28.48 30.43 84.65
K654 内視鏡的消化管止血術 20 1.55 13.2 70.05
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 17 1.00 16.47 84.47
当院の内科の特徴は、消化器内科による内視鏡的大腸ポリープ粘膜切除術が多く行われ、大腸がんの開腹手術減少に役立っています。その他、胃瘻造設術、内視鏡的消化管止血術、内視鏡的胆道ステント留置術なども積極的に行われています。また、循環器内科医による経皮的冠動脈ステント留置術も多く多く行っています。
小児科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K300 鼓膜切開術 1.20 3.00 1.00
K6335 鼠径ヘルニア手術 1.00 1.00 4.00
小児科の患者さんには、殆ど手術を行う事がありませんが、中耳炎に対し鼓膜切開術やヘルニアに対して鼠径ヘルニア手術が行われています。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 26 8.42 4.88 63.08
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 15 1.13 3.47 66.87
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術 12 7.91 16.75 69.25
K740-22 腹腔鏡下直腸切除・切断術 低位前方切除術 8.4 15.2 81.7
K6335 鼠径ヘルニア手術 2.5 50.83
腹腔鏡下胆嚢摘出術が多くみられます。消化器一般、特に大腸がん、鼡径ヘルニアに対し腹腔鏡下手術を行っています。
腹腔鏡下手術は、患者さんの体への負担を減らす目的もある手術です。当院は、このような患者さんの体への負担の少ない腹腔鏡下の手術を積極的に行っています。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 84 2.12 21.74 70.44
K0461 骨折観血的手術 41 2.20 45.71 82.00
K066-21 関節鏡下関節滑膜切除術(膝) 24 1.20 7.71 49.17
K0732 関節内骨折観血的手術 胸鎖、手、足 19 1.20 33.99 69.95
K0811 人工骨頭挿入術 11 4.70 34.00 77.45
人工関節置換術が非常に多くみられます。膝や股関節に痛みを持つ患者さんが多いと思われます。
当院は、手術後にリハビリテーションを行い痛みの軽減や、日常生活への復帰を目指しています。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 13 0.00 10.85 78.00
K1342 椎間板摘出術(後方摘出術) 3.75 8.50 58.50
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(椎弓形成) 1.00 8.67 71.67
K6101 動脈形成術、吻合術 頭蓋内動脈 10.67 23.5 58.33
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) 10.5 26.00 55.50
慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術が多く、転倒による頭部打撲が原因の一つと思われます。慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術は、頭部に溜まった血液を取り除き、脳への圧迫を解除する手術です。
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K867 子宮頸部(腟部)切除術 15 0.00 1.00 38.80
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡) 14 1.36 3.00 49.64
K802-6 腹腔鏡下膀胱脱手術 13 1.15 5.30 72.54
K877 子宮全摘術 13 1.07 5.85 48.62
K872-3 子宮内膜ポリープ切除術 0.00 0.00 41.50
子宮頚部(膣部)切除術が多く、続いて子宮付属器腫瘍摘出術が多くを占めています。
上記の手術の多くは、がんやがんに近い状態のものや、良性腫瘍に対して行われる手術です。また、年齢層が若いのも特徴となっています。
腹腔鏡下膀胱脱手術は、高齢者に多く行われています。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる
180010 敗血症 同一 28
異なる
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 11
異なる
当院は、入院後の感染症や合併症は殆どなく、疾患の重症化を抑えていることがわかります。
更新履歴