教育・研修制度
新人看護職員研修

 新人看護職員が基本的な臨床実践能力を獲得するために、
  一年間の教育プログラムを実施しています。




集合研修
実際のME機器を使用した技術研修や、現場で困らないように看護技術演習を行います。
フォローアップとして、年5回振り返り研修を行い、技術の確認とメンタルサポートを行います。


現場教育
チーム支援型で、個々の技術力アップやメンタルサポートのためにチーム全員が新人支援の役割を持って指導します。


ローテーション研修
病棟のローテーション研修を行うことにより、基礎的看護技術を習得して、未経験項目の格差を是正します。







クリニカルラダーシステム

卒後2年目からの常勤看護職員に適応します。
段階を踏んで看護実践能力を育成するシステムです。






  • 基礎的看護技術が安全確実にできる。
  • チームメンバーの役割と責任を果たすことができる。
  • 院内研修、看護実践を通じて看護の知識が深められる。
  • 看護研究活動に参加する。
  • 看護過程をふまえた個別的ケアが実践できる。
  • 看護師の役割と責任を果たす。
    (状況に応じたリーダーシップがとれる)
  • 研修の学びを看護実践の場に生かすことができる。
  • 課題を研究的に取り組み、看護実践を振り返ることがでる。
  • 専門領域における看護実践の役割モデルとなれる。
  • 医療チーム内でのリーダーシップを発揮できる。
  • 後輩および看護学生に対して指導的に関われる。
  • 看護研究、研修を通じて看護実践を深めることができる。
  • 専門とする領域の役割モデルとなり専門性を発揮できる。
  • 他部門、他職種との調整役となり、管理行動がとれる。
  • 看護教育、院内研修の企画に参加し、人材育成に貢献することができる。
  • 専門領域における研究開発を行い変革の推進者となれる。


PAGETOP