部門のご案内

ホーム:部門のご案内>部門一覧:検査技術部

部門一覧

検査技術課

検査技術部は臨床検査を行っている部署で、臨床検査技師が様々な検査を担当しています。

臨床検査とは
人体から排出される尿、便など、人体を流れている血液、髄液、また、人体を作っている細胞、臓器などの検体検査や臓器の状態を物理的に捉らえる 生理検査があります。臨床検査は病気の診断、治療、病気の早期発見や予防になくてはならないものです。 検査技術部では24時間、365日緊急対応しています。


外来採血
 検査技術部では、外来採血・検体検査・生理検査を行っております。 外来採血(小児科と救急外来を除く)は実際に検査を行う臨床検査技師が採血を行っています。






生化学・免疫血清検査
 血液、尿を使用し、肝機能検査、腎機能検査、脂質検査、糖尿病関連検査、感染症検査、腫瘍マーカー、甲状腺検査、心筋マーカー、ホルモンなどの測定をしています。








血液検査
 血球数(赤血球、白血球、血小板など)の算定、凝固線溶検査、血沈などを行い、貧血や出血傾向、炎症の程度を調べます。







一般検査
 一般検査では、尿・便の検査のほか、髄液・胸水・腹水・関節液・精液などの体液の検査も行っています。



 輸血のための血液製剤の保管管理、血液型・抗体検査・交差適合試験などの輸血関連検査を行い、安全で有効な輸血療法に努めています。



輸血検査




細菌検査
 細菌検査では、感染症の疑いのある検体(喀痰、尿、便、血液 等)から、その原因となっている細菌を明らかにし、どの薬剤が有効かを調べています。







生理機能検査







心電図
 心電図は、心筋の活動により生じる電気的変動を波形として記録する検査です。 不整脈、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、心肥大などの診断に役立てます。




負荷心電図
 労作性狭心症のように、安静時には無症状であっても、運動による負荷でおこる潜在性心疾患の発見を目的とする検査です。まず運動する前に心電図をとり、その後年齢・性別・体重に応じて決められた運動量を決められた時間だけ行ないます。運動が終わったら同じように心電図をとり、運動前との変化の有無を見る検査です。


ホルター心電図
 仕事中、睡眠中などの日常生活中における心電図を24時間連続記録する検査です。各種不整脈や虚血性心疾患、自覚症状(発作時)などの診断・薬剤の治療効果を見るのに役立ちます。 携帯型の装置をつけたまま帰宅して頂きますので、検査当日は入浴・シャワーはできません。翌日の同時刻に来院して頂き、機械をはずします。


超音波検査 (心臓・腹部・表在・血管


 超音波という人の耳に聞こえない音を利用し、その反射を画像として記録する装置です。超音波検査は常にリアルタイムに描出することができ、身体に無侵襲であることから何回でも検査が行なえる利点があります。 検査部位は心臓、腹腔内の各臓器(肝臓、胆のう、膵臓、腎臓、腸管など)、表在臓器(甲状腺など)、血管です。


血圧脈波検査
 両腕・両足の血圧・脈波を同時に測定し、血管の硬さや狭窄・閉塞の有無を調べます。




24時間自動血圧計検査
 血圧は精神状態や朝晩で変化します。 腕に血圧計を装着して帰宅して頂き、日常の生活をしていただきながら1時間ごとの血圧を測定し、血圧の日内変動を見る検査です。


呼吸機能検査
 肺の大きさ、換気能力、気道の異常、肺拡散能力などの呼吸機能をみる検査です。 呼吸器疾患の程度を調べたり、全身麻酔の際の術前検査として行います。 この検査は、掛け声にあわせて最大限の努力をしていただく検査なので、患者様の協力が必要になります。




脳波検査
 頭皮にクリームのついた電極を装着して、脳からの微弱な電気を記録する検査です。 光を当てたりや深呼吸をすることで、異常脳波を誘発することもあります。 小さいお子様は眠る薬を飲んでもらい、眠った状態で検査を行なう事もあります。




神経伝導速度検査
 運動障害(動きにくさ、脱力、萎縮)や感覚障害(感覚の鈍さ、しびれ、痛みなど)の原因を末梢神経の刺激の伝わり方を観察し、病変の有無と性質を知る検査です。 電気による刺激を行なう為、多少痛みを伴います。




聴性脳幹反応検査
 難聴や脳障害の診断をする為の検査です。 ヘッドホンを装着して音を聞き、脳幹から出る微弱な信号を検出することにより、音刺激が聴神経や脳幹部までうまく伝わっているかを調べる検査です。乳幼児のスクリーニング検査にも使われます。


純音聴力検査・語音聴力検査
 聴力検査は聞こえを調べる検査です。純音聴力検査は聞こえの程度や難聴の種類を調べます。 語音聴力検査とは言葉の聞き取りやすさを調べる検査です。